吾疑う、故に吾あり

2006年07月01日

矛盾

極めると全てものが似通ってくる
最近そう感じることが読書をして多々ある

ビジネス書として最高の良書と呼ばれるひとつ「ビジョナリーカンパニー」
また猿楽の祖として名高い世阿弥の「風姿花伝」
ドイツ哲学の最高峰「弁証法」
この前紹介した「ゾーン」

これら全てに通ずるのが矛盾を矛盾として割り切らずに受け入れ、そこからより良いものを創りあげるという価値観だ

弁証法で言うアウフヘーベン的思考を常に考えること

伝統を守りつつ、革新を行う
言うは易く、行うには難い内容だが常にそれを目指し、考え行動する

人生、企業、哲学、技術、全てにおいて大事なことはこの事なのではないだろうかと思う

さて、自分の中での「伝統を守りつつ、革新を行う」とはなんだろうか?

しばらくはそれについて考えてみることにした
日々是学也

訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方とその周りの人たちに、今日もすべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 20:52|この記事のURLComments(6)TrackBack(0)

2006年05月08日

日記再開

GW中にクラッシュしたパソコンからデータのサルベージに成功

で、GWは溜まったディーリング以外の兼業の仕事を片付けてました。
日記書かない間に色々ありましたが良い学びになりそうです。

特にナンピンで140万やられは身に沁みて勉強になりました、ええ

日々是学也
ランキング応援お願いします!
*1クリックで10ポイントがカウントされます。(1日1クリック有効です)

訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方とその周りの人たちに、今日もすべての善き事が、雪崩の如く起きますように



keizaijiyu at 06:33|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年04月19日

パソコン完全に沈黙 返事がない、ただ屍のようだ

朝起きて、顔を洗ってから、パソコンをつけるのが日課なのですが、今朝スイッチを押してもうんともすんともいわない…

返事がない、ただの屍のようだ…

まいったなぁ、確か先々週くらいにバックアップを取ったとは思うが二週間分のデータがないのはきつい

あと、確か面倒くさがって今年の会計データはバックアップとってなかった気がする
領収証データ、年初から打ち直しはきつすぎるなぁ…

バックアップはこまめに取りましょう

日々是学也
ランキング8位! あと12クリックくらいでベスト5なんで応援お願いします!
*1クリックで10ポイントがカウントされます。(1日1クリック有効です)

訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方とその周りの人たちに、今日もすべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 10:04|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2006年04月17日

才色兼備の女性起業家が日本男子に求めるものに

たまには普段と少し違う事も書いてみます。

自分には尊敬する人というのが別け隔てなく老若男女沢山います、今日はそんな中で尊敬する女性起業家と歯の話を。

自分が尊敬する女性起業家で面識がある方達にがいます。彼女達は本当にとても素敵な方々で
もう結婚してくれるなら、平気で土下座一日くらいできるくらい魅力的です。
(このプライドのなさが結婚できない理由だと今自己分析)

そんな素敵な方々が同じように日記で書いている内容が本日の話です

私は、歯のきれいな方に、ついつい惹かれてしまう傾向にあります。
なぜ、だろう。と考えると
歯がきれい = 清潔感 を感じるからではないかと思うのです。

清潔感とは?と考えると
キチンとしている = 仕事ができる、信頼できる と
イメージは膨らんでいきます。
何事もイメージは大切ですよね。
(以上Latte vitaブログより)

歯のホワイトニングちゅうのをやってもらいました。

わたしはアメリカ生活が結構長かったので、歯はすごく大事だよな〜と
思っているのですが、なかなか機会がなかったのです。

お店に入ってみると、美容院みたいにキレイなところで、
驚きました。いや、ほんと。
(以上ブログ 夢を実現させる企業日記より)

先日の友人との会話はこんな展開へ
「好きな異性のタイプ」
全員が「それ需要!!」と一致したのが
「歯並び」「歯が綺麗な人」でした。

「どんなに格好が良くても、口元が美しくないと
だらしがないような印象になってしまうよね。」

「歯並びは、置いておいたとしても
歯が綺麗じゃないと、それだけで幻滅してしまう。」
 
(以上ブログ Lattevita Akimoto Diaryより)

ただでさえ、お洒落に気を配らないし、毎日寝る前と起きたら歯ブラシくらいしかしない自分はがつんとやられたわけです。

そんなわけで本日、彼女達に求める日本男子になるべく、勇気を出して
(そしてあわよくば惹かれてもらおうと、でもきっと轢かれるだけだろう)

ホワイトニングサロンHAPURE

に行ってまいります!!一回の施術でも かなり白くなると書いてあるのでどうなるか楽しみです。

できたら写真などもアップできたらと考えてますので興味のある方、乞うご期待です!

たまにはこんな日記もいいでしょうか? 気に入った方クリックお願いします!
*1クリックで10ポイントがカウントされます。(1日1クリック有効です)

訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます 訪れていただいたすべての方とその周りの人たちに、今日もすべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 06:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年04月12日

やりたいことが多すぎる

今日はやることたくさん

良いことなのだが日記を書く暇がない

なのでおざなり日記で



keizaijiyu at 16:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年07月26日

謝罪とか敬語とかって知ってるか?

最近、時間的にも、金銭的にも余裕が出てきたので何か人のためになる事ができないだろうかと考えていた。

そんな中、NPO法人で学生向けに仕事について考える機会を与える活動を行っている団体を知り、何か手伝いが出来たらと思い、昨日説明会に行ってきたのだが、とても悲しい思いをした。

説明会は当初の予定では夕方19時、土曜日に先方の都合で17時に変更してほしい旨の連絡があったので承諾して、17時到着

そこで、学生とおぼしきスタッフが17時に変更したのは手違いでまた19時になったと言われ、その後の言葉が

「それで、どこかで2時間、本とか読んでまた来てもらっちゃだめかな?」

いきなりタメ語…? 
謝罪とか敬語とかって知ってるか?

一瞬何言ってるかわからず、その後、心の中で深いため息

こういうスタッフで、こういうNPOで学生に仕事を考えさせる?と思いつつ
17時から自分だけのために説明会をしてくれたので一応、話を聞いたが深い疲労感で一杯でした。
(*説明してくれた学生さんはとても丁寧でした)

まずはお前のコミニケーションの能力をなんとかしろ!

人として最低限のマナーがない、これって相手の気持ちを察して行動できないという事なんだが
どうもそういう手合いがますます多くなってきたような気がします。

自分はどうなのか?と改めて考えさせられました、他山の石とします。

クリックありがとうございます
昨日は6位、あと30クリックほどでベスト5入りです!

ライブドアのカブログランキングは
まだまだ下位なんで雨霰のようなクリックをお願いします


訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方に、すべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 06:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年06月25日

自分にとって何が大事かを決める

「人に振り回されずに生きる13の法則」という本を読みました

その中で良い文章があったので紹介します

抜粋

自分にとって何が大事かを決める

世の中には「大事なこと」がいろいろある。

自分にとって大事なこともあれば、他人にとって大事なこともある。

そして世の中には、わたしたちを、自分のために利用しようとする人たちがたくさんいる。そういう人たちは、彼ら自身にとって大事なことを、「わたしたちにとっても大事なこと」だと思い込ませようとする。

その結果、わたしたちはヘタをすると、それを「自分にとって大事なこと」だと勘違いしてしまう。この勘違いが一生続くこともある。こういう状態になると、わたしたちは「自分にとって本来大事なこと」がわからなくなり、それを実現することが困難になる。

これは困ったことだ。

わたしたちにとって大切なのは、「自分にとって大事なこと」だけである。だが、だからと言って、自分にとって大事なことを無理やり他人に押しつける必要はない。そんな暇とエネルギーがあるなら、自分の理想を実現するために全精力を使ったほうがいい。

他人に向かって、自分の理想を吹き込もうとしても無意味だ。なぜなら、それは自分自身にとってだけ大事なこと、大事な真実だからだ。 抜粋終

キャリアカウンセラーや起業の勉強をしていますが、一緒に学んでいる方達の中に、時々、本を読んだ内容や人に聞いた話を「大事なこと」とと思い込んで、頑張っている人がいます。

そういう人は、頑張っているのですがどうも苦しそうだったり、いまひとつやる気があるように見えなかったりします。
借り物の「大事なこと」ではない、本当に自分にとって「大事なこと」をまず見つけることが人生において大事なのではないでしょうか?

余談ですが、私の友人には「大事なこと=酒、女、金」という、とてつもなく自分に素直な友人がいます。
自分には少しも真似できない生き方ですが、毎日ナンパに精を出す彼の生き方はいっそ清清しく感じます。

あなたにとっての「大事なこと」は何ですか?

クリックありがとうございます
昨日は5位、さて今日は?

ライブドアのカブログランキングは
まだまだ下位なんで雨霰のようなクリックをお願いします


訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方に、すべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 12:39|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)

2005年06月12日

人気ブログランキングのリンクテキストが30字以内に

友人から、ブログの規約で人気ブログランキングのリンクテキストの文字が「30字以内」になったとのこと
(詳しくはhttp://blog.with2.net/readme.php参照)

今までのとかどうするのだろう?
というかそもそも誰が確認するんだろう?
そこまでやるメリットあるのか?

など色々疑問はつきませんが、仕方ないのでリンクテキスト30文字以内にしてみました
哀れみをこめてクリックお願いします(笑)

追伸 教えてくれてSさんありがとう!

クリックありがとうございます
昨日は2位、さて今日は?



訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方に、すべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 22:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年06月11日

”海辺のカフカ”から一連のサッカー騒動を

いまさらですが日本のワールドカップ出場が決まりました

一日本人として嬉しい限りですが、今日はあえて一連のサッカー騒動を斬ってみます

というのも村上春樹の「海辺のカフカ」を柄にもなく読んでいたら以下のような文章にあったものですから

以下抜粋

青年はその柔らかい椅子の中で、目を閉じて音楽を聴きながら、色んなことを考えた。

おもに自分というものの存在について考えた。
でも考えれば考えるほど、そこには実体がないみたいに思えてきた。
そこにあるのはただの意味のない付属物でしかないという気がしてきた。

たとえば俺はこれまで中日ドラゴンズを熱心に応援してきた。
でも俺にとって中日ドラゴンズというのはいったい何なんだ?

中日ドラゴンズが読売ジャイアンツに勝つことで、俺という人間が少しでも向上するのだろうか?

するわけないよな、と青年は思った。
じゃあなんでそんなものを、まるで自分の分身みたいに今まで一生懸命応援してきたんだろう?

抜粋終

”中日ドラゴンズ”を”日本”に、”読売ジャイアンツ”を”北朝鮮”に変えてみたら・・・?

自分が熱を上げているものが自分を向上させているものなのか
たまに考えてみるとまた違った視点がでてくるかもしれませんね

いつもクリックありがとうございます
3〜5位がなにやら激戦区です。今は何位なんだろう?



訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方に、すべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 08:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2005年06月05日

長距離勝者 成功して不幸になる人びとから学ぶ

座禅、または瞑想なるものを学生時代からしていますと昨日書きましたがその続き
自分の奥底を常に問い続ける(セルフコーチング)で何を得られるか

昨日紹介した「成功して不幸になる人びと」が頭の中で上手くまとめきれなかった事を適切に現してくれました。

以下抜粋です

自分のシャドウのなかを探っていくと、根源的な疑問を抱くようになる。

 自分は今なぜここにいるのか
 自分の人生の意義は何か
 この世界を動かしている力と自分にはどんな関係があるのか

といった疑問だ。

かつては教会などがそうした疑問に答えてくれたが、今日では宗教と距離を置く人も多く、宙に浮いたままになりがちである。忙しくないとかえって落ち着かないという気分、自分一人の時間に対する恐怖、一人きりになりたがらない傾向などはみな、自分の人生は無意味だとか、自分は一人ぼっちだという不安から発したものだ。

しかし、精神生活を求めた人びとがすでに学んだように、自分の内面を深く見つめるほど、自分が周囲の人びとや物的な世界、それを動かす精神などと強く結びついていることがわかるようになる。

精神生活とは、心の奥底にある価値観や信念と行動とが表するような生活だと定義できるだろう。

そうした生活を送りたいと思ったら、やはり深い学習に取り組まなければならない。自分のシャドウに対面し、存在することすら許されなかった信念や価値観が隠れていないか、長年否認されてきた感情が自己破壊的な行動に結びつく恐れはないかを調べなければならない。

深い学習への第一歩を踏み出すときに、具体的な目標を決めておく必要はない。
唯一満たさねばならない条件があるとすれば、自分の内と外とを同時に発見する旅に出なければならないことだろう。

軽率な行動を取ることが慢心のひとつの兆候だとすれば、それを防ぐためには、心の奥底で自分を動かしている力について、つまり自分の力の根源について理解する必要がある。長距離勝者たちはみなこのことに気づいており、理解しようと努力している。

抜粋終

最後に出てくる長距離走者ならぬ「長距離勝者」とは、休むことなく、まっすぐ頂上を目指す成功パターンではなく、寄り道や休憩をはさみながら、いくつもの異なる分野で成果をあげていくつづら折りのような持続可能な成功パターンを体得した人をこの本では指してます。

自分を見失わず、自分らしくあり、人にも気を配り、自分の思い描く理想と人の想いを大事に出来る。
そういう精神世界で生きていくと決めました。後は実践あるのみです

いつもクリックありがとうございます
3〜5位がなにやら激戦区です。今は何位なんだろう?



訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方に、すべての善き事が、雪崩の如く起きますように


keizaijiyu at 22:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)