2006年06月11日

「期待」とは

 普段何気なく抱く「期待」とは何かを「ゾーン 相場心理学入門」から紹介します。

以下抜粋
期待とは、ある将来にどのように見えるか、聞こえるか、におうか、感じるかという心の表現であり、私たちの知っていることから生まれる。
これは分かる。なぜなら、知識にないものや認知していないものに期待はできないからだ。

では、知っていることとは何か。
それは「外部環境がそれ自体を間違いなくこう表現する」と学んでいることである。

ただしこの間違いないという確信は、その人独自の真実の解釈である。

つまり何かを期待しているとは、自分が真実であると信じ込んでいることを将来に投影している(見込んでいる)のである。
一分後、一時間後、一日後、一週間後、一カ月後に、自分が心に描いたとおりとなるように、外部環境に期待しているのだ。(続く)抜粋終

この「期待」をいうものがマーケットではどういった役割を持つかを明日紹介します

日々是学也
ランキング応援お願いします!
*1クリックで10ポイントがカウントされます。(1日1クリック有効です)

訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方とその周りの人たちに、今日もすべての善き事が、雪崩の如く起きますように


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by おたえ   2006年06月12日 15:58
2 ユウさん、こんにちは!
はぁ・・・
いきなり半分質問ですがぁ・笑
100円下がったらロスカットって決めている銘柄がぁ
今日みたいな日には微みょーなところを
行ったりきたりするんですよね・・
100円にタッチもするんですがぁ
雰囲気またこっちフラフラしそうで
実際そうなんですよ・・・かははは
で、結局ルールが守れなかったことの
言い訳に口ぞえを頼もうとしてるのかぁぁ???・笑

ユウさん前に書いてましたよね、
タッチしたら躊躇せず切りって♪

少ない資金の信用なんでカットすると本日終了!になるからなぁ・・・って

はぁ・・反省はんせい・・・
2. Posted by ユウ   2006年06月13日 21:33
2 おたえさん

難しいっすよね、それ。わかるっす

とはいえ毎日勝つ必要はないわけで、損切った方が
トータルだと自分は良かったという結果が出てます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔