2006年06月10日

典型的なトレーダーを悩ませる問題

典型的なトレーダーを悩ませる問題について「ゾーン 相場心理学入門」から紹介です。

自分がよく気をつけている事に、「自分の期待でディーリングをしない」ことがあります。
例えば、「後、〜でノルマ達成なので利食いを引き伸ばす」とか、「この値段で損切らないと今日トータルでマイナスになってしまう」etc…

これらをマーケットは全く考慮せず進みます。なぜなら上記の考えは確率的でもなんでもない恣意的な考えだから。そういう考えがそもそも非現実的だと気付かせてくれたのが今日紹介する文章です。

以下抜粋
今、私たちは典型的なトレーダーを悩ませる問題の、まさに核心に触れようとしている。

マーケット動向への期待が具体的かつ明確かつ硬直的で、中立的で柔軟なものでなければ、それは非現実的なものであり、ダメージをもたらす危険性がある。

非現実的とはつまり、確率の可能性をマーケットの観点から考えていないという意味である。
マーケットのどの瞬間も唯一のものであり、どんな可能性もある。こうした境目のない性格を考慮しない期待は何であれ、非現実的である。抜粋終

日々是学也
ランキング応援お願いします!
*1クリックで10ポイントがカウントされます。(1日1クリック有効です)

訪問頂き、ありがとうございます、みなさんに訪問していただいてる自分は本当にツイてます
訪れていただいたすべての方とその周りの人たちに、今日もすべての善き事が、雪崩の如く起きますように


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔